【アナログ】フロッグマン GWF-A1000-1A2JF 買って使ってレビューしてみた【①外観編】

アナログ フロッグマン(FROGMAN) GWF-A1000-1A2JF レビュー アイキャッチ画像1実機レビュー

こんにちは。

毎月G-SHOCKを購入し、消費者目線で徹底的にレビューする男
Gレビューマンです。

2020年6月19日に発売した超話題モデル

G-SHOCK
MASTER OF G シリーズ
FROGMAN(フロッグマン)

GWF-A1000-1A2JF
(アナログモデル)
実機レビューです!!!

1993年の初代フロッグマン発売後、25年以上の時を経て、待望のアナログモデル!

出典:g-shock.jp「GWF-A1000 開発ストーリー 商品企画編」より

デザインは一新されましたが、フロッグマンのDNAはしっかり継承
そしてカーボンケース、サファイア風防など素材の面でも妥協なし

なにより、
パッと見て、すごい時計だと思わせるオーラを感じます!

皆さん注目はそのデザインかと思うので、たくさんの写真とともにデザインをしっかりレビューしていきますよ!

なお、このモデルについては

 ①外観編
 ②機能・使用感編

の2回に分けてお送りします。

(②機能・使用感編はこちら)

この記事は「購入者としての率直な感想」にフォーカスした内容になっています。
フロッグマンの基本的なコンセプト、歴史、スペック、開発ストーリーなどは、ぜひ公式サイトご覧ください。(特に、開発ストーリーは非常に楽しいコンテンツで必見ですよ!)

今回は「①外観編」です。
では早速、行ってみましょう!

アシンメトリーデザインは健在

フロッグマンの代名詞とも言えるアシメントリーデザインは、アナログモデルでも健在です。

これには水中での任務において、手の甲への干渉や誤操作を避ける目的があります。

まさに「機能美」ですね。

程よい情報量の文字盤

めちゃめちゃカッコいい…

情報量は多いですが、キレイにまとまっていて良いデザインですよね。

ゴチャゴチャし過ぎないのがGood!

なお、ダイバーズウォッチらしく分針はアローハンドです。

12時付近には
「CASIO DIVER’S 200M」のプリント。

旧世代のデジタルモデル(GWF-1000)よりもシャープで大人っぽい印象です。

真っ白なインデックスはプラ感があり、少し安っぽい感じがしますが、GRAVITYMASTER(GWR-B1000)やMUDMASTER(GG-B100)と同じ素材でしょう。

10時付近の「24」と書かれたメーターは24時間計です。(写真はお昼の12時30分頃)

8時付近には、デュアルタイムのメーター。

年輪状の加工が美しい。

(右下の「P | A」は PM or AM を指しています。)

3時付近のメーターはモード針になっていて

  • 曜日(SU, MO, TU, WE, TH, FR, SA)
  • 潮の干満(L・・▲・・L)
  • ストップウォッチモード(ST)
  • タイマーモード(TR)
  • アラームモード(AR)
  • ダイブモード(D)
  • サマータイム設定(DST, STD, AT)

を指しています。

カーブサファイア風防

風防のスペックは下記のとおり。

  • 内面無反射コーティングサファイアガラス
  • 球面・曲面ガラス

定価9万円の高額モデルなので、
サファイアガラスなのは嬉しいですね。

ガラスが湾曲しており、光の屈折で角度によっては針や文字盤が歪んで見えます。

レトロ感があってカッコいい!

アイコニックなベゼル

メタルベゼルや、樹脂のベゼルカバーは歴代フロッグマンのデザインを継承しています。

メタルベゼルのヘアライン仕上げが美しい。

樹脂ベゼルカバーには「FROGMAN」の文字。

なお、材質については公式サイトで

  • ケース・ベゼル材質: カーボン/ステンレススチール
    出典:products.g-shock.jpより

と記載されています。

ケース本体に加えて、ベゼルの樹脂もカーボンなんですね。

ちなみに、ネーミングについては

本来であれば、デジタルモデルに「MAN」、アナログモデルに「MASTER」をつけるMASTER OF Gシリーズのルールに従い「FROGMASTER」とするところですが、もともとFROGMANという単語に潜水作業員という意味があることから「FROGMAN」のままとしました。伝統のあるブランドを育てていこうという気持ちも込められています。
出典:g-shock.jp「GWF-A1000 開発ストーリー 商品企画編」より

とのことですよ。

ベゼルカバーやバンド接続部分には大きなネジがあります。

これもフロッグマンらしいデザインですよね。

やや削り出し感があり、必ずしも「キレイに仕上げられている」とは言えませんが、着用時に肉眼で見る限りでは気になりません。

いかついリューズ

トゲトゲが、いかついっ!
それが、カッコいい!!

なお、リューズは電子式のスイッチになっていて、色々と操作できるようです。

ただ、このモデルはねじ込み式リューズであり、かつスマートフォンリンク機能もあるので、リューズでの操作は実用することはほとんどありません。
(一般的に、ねじ込み式リューズを弄りすぎると、ネジ山が潰れて防水性の低下につながると言われています。)

スマートアクセス
電子式リューズスイッチとマルチモーターの組み合わせにより、スムーズな表示切り替えとともに多機能を感覚的に操作できる、カシオ独自のアナログシステム。
出典:products.g-shock.jpより

左サイドのボタンはスッキリとしたデザイン。

十分に大きいのでグローブしていても押しやすそうです。

こちらが右サイドのボタンです。(赤枠部分)樹脂でできていますね。

説明書見るまで、これはボタンじゃなくて装飾だと思っていました笑

フッ素エラストマーのバンド

フロッグマンではお馴染み、2本タイプの尾錠です。また、ウェットスーツの上からでも着用できるよう、バンドはかなり長めです。

バンドは「フッ素エラストマー」で加水分解しにくいとのこと。

遊環は樹脂タイプで厚みがありますが、装着時には厚さはあまり気になりませんでした。

尾錠部分はメタル製。

ヘアラインと鏡面仕上げの使い分けが高級感を演出しています。

カーボン製のケース

裏面にはおなじみのカエルマーク。

ケース本体はカーボンモノコックケースとなっており、一体ケースのため「裏蓋」という概念がありません。

~ カーボンモノコックケース ~
新たな耐衝撃構造として、カーボンケースでモジュールを保護する「カーボンコアガード構造」を開発。さらに、ケースと裏蓋を一体化した「モノコックケース」を採用。

出典:https://products.g-shock.jp/_detail/GWR-B1000-1A1/

表面はカーボン独特のマットな質感で、サラサラして非常にきもちいいです。

なお、本体の重量は119g

旧世代のデジタルフロッグマン(GWF-1000)が115gなので、ほぼ同じ重量ですね。

細腕でも意外とイケる大きさ

ケースサイズは

  • 縦:56.7mm
  • 横:53.3mm
  • 厚み:19.7mm

ORIGINシリーズのGMW-B5000TBと比較すると、かなり大きいですね。

ちなみに、旧世代デジタルフロッグマン(GWF-1000)のサイズは、

  • 縦:58.3mm
  • 横:52.8mm
  • 厚み:18mm

なので、今回のアナログモデル(GWF-A1000)のほうがケース直径(横幅)が若干大きいです。

リストショット。

Gレビューマンは手首周り15cmの極細腕なので、かなり存在感は出てますが、そこまで違和感ない印象です。

厚みは約2cmなので、けっこう存在感ありますね。

主観で見るよりも、客観で見るほうがより小さめに見えます。

このくらいのサイズ感なら細腕の方でも全然いけますよねっ!

夜光の視認性はバッチリ

さすがのダイバーズウォッチ。夜光の視認性はバツグンです。

  • 時分針、デュアルタイム針:水色
  • 秒針、インデックス:黄緑色

となっています。

色の違いに意味があるのかはよく分かりませんが、

とにかくカッコいい!笑

秒針のズレなし

(個体によるとは思いますが)秒針はバシッとインデックスに合っています。

Gレビューマンは神経質なのか、クォーツ式のアナログ時計だと秒針のズレが非常に気になります。

G-SHOCKのアナログタイプは価格帯によらず秒針ズレがない個体が多いですよね。これは本当にGoodポイント。

こういう細かいところが意外と満足感に影響するんですよね。

GWF-A1000レビューまとめ

フロッグマン初のアナログモデル。
分かってはいましたが、

めちゃめちゃカッコいいです。

インデックスだけ少し安っぽい感じがしますが他のMASTER OG G シリーズと同じ質感ですから、これは好みの問題ですかねぇ。

ちなみにGレビューマンはダイビングをしないので、購入動機はほぼデザインのみです笑

皆さんはいかがでしょうか!?

Gレビューマン自身は、フロッグマン初となるアナログモデルという歴史的なG-SHOCKを所有することができて非常に満足しています!

GWF-A1000に興味がある方、購入を検討している方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Gレビューマンはいつも楽天市場でG-SHOCKを買っています!(お得な買い方を知りたい方はこちら

②機能・使用感編はこちらです!

タイトルとURLをコピーしました