【限定版】フルメタル チタンG-SHOCK「GMW-B5000TB-1JR」実機レビュー【おすすめ?】

実機レビュー

こんにちは。

毎月G-SHOCKを購入し、消費者目線で徹底的にレビューする男
Gレビューマンです。

大人気フルメタルORIGINの中でも特別なモデル

GMW-B5000TB-1JR
詳細レビューです!

見た目は普通のG-SHOCK。

でも定価はなんと15万円!

はっきり言ってオタク向けです。多くの方にはオススメできません笑

しかし!

この価格を理解したうえでも欲しいと思う方、
買って後悔はしないはず!

自身を持ってオススメできるほど、品質の高いG-SHOCKです。

では、さっそく見ていきましょう!

定価15万円を払ってでも買いたいと思えた方にはおすすめ!

定価15万円でも納得できる方にはオススメです!(身も蓋もない感想でごめんなさい笑)

でもこれ、本質を捉えていると思います。

Gレビューマン自身は、この時計に定価15万円の価値はあると思っていますが、それは、モノとしての品質の高さに加えて

  • 限定生産モデルであり、既に生産が終了していること
  • 現行のフルメタルORIGINシリーズで、チタン製モデルが存在しないこと(2020年6月時点)

これらによる希少性の高さ、所有する幸福感が大きな要素になっています。

ただ、これって完全に自己満足ですよね。
機能と価格のバランスで合理的に辿り着くモデルではないです…

パッと見なんの変哲もないG-SHOCKに15万円を掛けられる。

そう思えた時点で、この時計を楽しめる素質があるはずです!

 周りには全く気づいてもらえない

見た目はかな〜り地味なので、当然誰にも気づかれません。

Gレビューマンは覚悟の上で購入したので特に不満はありませんが、周りへのアピール目的で購入することはオススメできないですね。

でも、それ以外には目立ったBadポイントもない優秀な時計です。

【外観】言うことなし!まさにオールラウンダー

・正面

かっこいい。。。

派手さはないけど、芯がある感じ。
言うなれば、「仕事で語るビジネスマン」とか、「忍者」のようなイメージ。

全体的にマットな質感で、フルメタルなのに樹脂のG-SHOCKと近い雰囲気があります。

スーツでもそこまで違和感ないので、
Gレビューマンは仕事でクライアント先に行くときも普通に着けてます。
(もちろん、タイミングや相手によりけりですが)

ベゼルの縁部分(「PROTECTION」「G-SHOCK」と書かれている面)はツヤあり加工。

⇩拡大

細かいポイントですが、この金色で掘られている文字、キラキラして高級感があります!

文字盤はこんな感じ。
金色の枠と、グレーのレンガ積みのような模様が特徴的ですよね。

ちなみにこれ、

G-SHOCK初号機のカラーバリエーション(DW-5000C-1B)のデザインを再現しています。

こういった演出も所有感を高めてくれるんですよね。


出典:products.g-shock.jpより

・ブレスレット

こちらも全体的にマットな質感ですが、窪んでいる部分は光沢があります。
程よくアクセントになりますね。

ステンレスのフルメタルORIGINではブレスレットの質感が安っぽいという意見をよく見ますが、このモデルでは安っぽさは全く感じられません。

・バックル

一コマが小さいかつ、微調整の穴が4つあるので、ちょうどいいサイズが見つかるはずです。

樹脂の尾錠タイプだと、微妙にサイズが合わないこともあるので嬉しいですね。

そして、最も傷が付きやすいこの部分。
半年以上しっかり普段使いしていますが、
無傷。

後述する表面加工処理のおかげかと思いますが、恐ろしい耐摩耗性です。

・バックルを開いた状態

バックルもしっかりと作り込まれていますね。

・裏蓋

裏蓋はスクリューバックです。高級感あっていいですね。向きもバッチリです。
(どうやら私の個体がたまたま真っ直ぐなだけなようです)

実は、別に所有しているGW-5000もスクリューバックなのですが、
⇩ のとおり、向きが真っ直ぐじゃないのです。

・GW-5000の裏蓋

なお、両者ともに表面加工はDLC(ダイヤモンド ライク カーボン)という処理が施されていて、耐摩耗性が強化されています。

※ちなみに「スクリューバック」とは、ねじ込み式の裏蓋のことです。

◯スクリューバック
(GMW-B5000TB)

(GW-5000)

◯スクリューバックではないモデル
(GW-M5610)

・ボタン

ボタンも金色です。
そして、感触は樹脂のG-SHOCKより軽めで押しやすいです。

爪を立てなくてもボタンが押せるのがGood!

【大きさ比較】ORIGINシリーズとほぼ同じです

定番モデルのGW-M5610と比較していきます。

時計印マッチの箱をモノサシにしていますが、両者ほとんど変わらないですね。

・GMW-B5000TB

・GW-M5610

【着け心地】軽くてサラサラ!金属の心地よい冷たさもGood

・リストショット

ちょうどいいサイズ感ですね。
ちなみにGレビューマンは腕周り15cmの極細腕です!

厚さもちょうどいいです。

チタンの時計をお持ちの方はわかると思いますが、

  • 軽い
  • サラサラ

がチタンの特徴ですね。

それが安っぽさに繋がるという側面もあるのですが、このモデルはDLC(ダイヤモンド ライク カーボン)処理のおかげなのか、安っぽさは感じられません。

肌触りはしっとりと冷たく、質の良いステンレスに近い心地よさがあります。

このマットな質感!伝わりますかね?

艶めかしい輝き・・・

【機能・スペック】必要な機能は網羅しています

機能の詳細はカシオ公式Webサイトを参照いただきたいですが、Gレビューマンとしては

  • タフソーラー(ソーラー充電システム)
  • マルチバンド6(標準電波受信)

この2つがあれば何でもいいです笑

ほかには、

・LEDバックライト
フルメタルORIGINシリーズ共通ですが、バックライトがLEDです。
もわ〜んっと点灯して、もわ〜んっと消灯します。地味ですが、高級感あります。

一方、定番モデルのGW-M5610はこんな感じ。

・アラーム画面
GレビューマンはG-SHOCKのアラーム機能をけっこう使います。
そのときに、現在時刻が表示されているというのが地味に嬉しいですよね。

いやいや、そんなの当然でしょうと思われるかも知れませんが、定番モデルのGW-M5610は表示されないんですよ。。。

・ブルートゥースでのスマートフォンリンク
買った直後はワクワクして使いましたが、慣れてからはしばらく使ってないですね。
ワールドタイムの設定を頻繁にする方であれば、便利かも知れません。

GMW-B5000TB レビューまとめ

色々と解説してきましたが、価格を理解したうえでも欲しいと思う方がいれば、自信を持ってオススメします!(ただ、今から手に入れるとなると、プレミア価格になってしまうかも知れませんが…)

もちろんGレビューマンも後悔してません。
一生この子と生きていきますよ!

※なお、このモデルは既に生産終了していますが、よく似たデザインの現行ステンレスモデルならあります。ご興味ある方はどうぞ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました