【最先端G-SHOCK】GBD-H1000-1JR 買って使ってレビューしてみた【GPS ソーラー】

実機レビュー

こんにちは。

毎月G-SHOCKを購入し、消費者目線で徹底的にレビューする男
Gレビューマンです。

G-SHOCKに初めて心拍計、GPS機能を搭載した話題のモデル

G-SQUAD
GBD-H1000-1JR

買って使って、消費者目線でレビューしました!

さっそく結論から、

こんな人にオススメします

  • トレーニングの詳細な分析結果でモチベーションを上げたい人
  • スマートウォッチが欲しいけど、毎日の充電をネックに感じている人
  • 「20気圧防水」、「耐衝撃性」に価値を感じる人
  • 最先端のG-SHOCKに触れたい人

【逆に、こんな人にはオススメしません

  • 薄さ、軽さを求めている人
  • 時計単体で通話や、アプリを操作したい人
  • 睡眠のログを取得したい人
  • 水泳中にトレーニング計測したい人

ちなみに私、Gレビューマンの購入動機は、

G-SHOCKに心拍計とGPSが初搭載!?

しかもソーラー充電可能!?

なにそれ、すごい!

カッコイイ!!

買う!!!

でした笑

こんな動機でも後悔しないほど、完成度の高いG-SHOCKになっています。

今回は、多機能かつ話題のモデルということもあり、お伝えしたいことがたくさんあるので

  1. 【外観編】
  2. 【機能編】
  3. 【使用感編】

に分けて解説していきますね。

【外観編】

G-SHOCKらしさ全開のデザイン


い…いかつい。

紛うことなきG-SHOCK。


細かいですが、バンドの根本部分のデザインも凝っています。


ボタンは大きくて押した感覚も心地よいです。
バイクに乗る方とかは、グローブを着けたままでも操作しやすそうですね。


裏蓋は金属で、心拍センサーとケーブル充電用の接続端子が付いてます。
接続端子はむき出しですが、これで20気圧防水なのだからすごい。

直径55mmと大きいですが、慣れます

正直いって、直径55mmは大きいです。厚みもあります。

Gレビューマンは手首周り約15cmの極細腕なので、かなり存在感でます。

初めて着けたときは家族に

「妖○ウォッチみたい」

と言われましたが、しばらくすると慣れてくるもので、翌日には

「そんなに違和感なくなってきたね」

と言ってもらえました笑

ゴツさの割に、意外と装着感が良くてびっくり

これはかなりびっくりしました。
意外にもつけ心地が良いんですよ!

その要因は主に⇩の3つと考えられます。

  • 重さ
  • 本体とバンドの接続部分の構造
  • バンドの素材、構造

・重さ
時計本体の重量は101gです。

G-SHOCKの中では決して軽いほうではないですが、機械式時計等と比べると軽いですね。

ましてや、このサイズ感にしたらかなり軽く作られていると思います。

・本体とバンドの接続部分の構造

赤枠で囲った部分がうまく手首の形状に沿ってくれて、不快な接触感は一切ありません。

・バンドの素材
バンドはソフトウレタンのため非常に柔らかく、手首の形に沿ってくれます。

・バンドの構造

そして、サイズ調整用の穴が細かい間隔でたくさんあるため、どんな腕にもピッタリとはまるサイズが見つかるはずです。


さらに、遊環の内側に突起が付いていて、バンドの穴に引っ掛けて固定することができます。この構造はFitbit等でもお馴染みですね。

このサイズ感のG-SHOCKは、極細腕には厳しいかなと思っていましたが、これらの工夫によって快適に使用することができますよ!

続いては【機能編】です!

タイトルとURLをコピーしました